鼻茸 手術 術後

鼻茸手術の術後ケアについて

鼻茸

 

鼻茸手術の術後ケアについて解説します。
鼻の中、副鼻腔に炎症が度々起きると、
鼻内に鼻茸と呼ばれているポリープが出来てしまいます。

 

大きくなると、鼻の穴が閉じられてしまい鼻呼吸が出来なくなります。

 

鼻茸は薬での治療の可能性は低く、
一般的には鼻茸切除手術となります。

 

手術

 

手術は内視鏡手術が多く1.5〜2時間かかります。
麻酔は鼻だけの部分麻酔になります。

 

勿論鼻茸の大きさや進行状態により手術の時間は違ってきますが、
日帰り手術の場合から6日間の入院となることもあります。

 

鼻茸を切除後はレーザーか電気凝固で出血を止めますがかなりの出血が考えられます。
手術後は鼻の中にガーゼを詰めるので手術前より苦しい状態が続きます。
1週間くらいでガーゼは取り除かれやっと鼻呼吸が出来るようになります。

 

鼻茸手術の術後ケアー

 

鼻茸 手術

 

手術当日は麻酔が切れると少し痛みが残ります。
我慢しないで痛み止めを使いましょう。

 

軽い鼻血は、鼻にティッシュか綿で圧迫して下さい。
喉に流れるように出血するときは病院に連絡しましょう。

 

鼻茸を取る手術をすることで病気そのものが完治したわけではありません。
副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の治療をその後も続ける必要があります。

 

再び鼻茸が大きくなる事もあり最悪再手術が必要なこともあります。
以上で鼻茸手術の術後ケアに関する解説を終わります。

 

鼻茸の初期におすすめなのがこちらです
【送料無料】ホノミ漢方 ホノミビスキン240カプセル ほのみびすきん 【第2類医薬品】

 

こちらも参考に!⇒全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方とは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

鼻茸とは?
鼻茸とは何でしょう?わかりやすく解説しました。
鼻茸の手術って痛いの?
鼻茸の手術って痛いのでしょうか?わかりやすく解説しました。
鼻茸の手術で入院が必要な2つの理由とは?
鼻茸の手術で入院が必要な2つの理由についてわかりやすく解説しました。
鼻茸の手術にどんなリスクがあるの?
鼻茸の手術にどんなリスクがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
福岡で鼻茸の手術を受けるならこの3つの病院がお勧め!
福岡で鼻茸の手術を受けるならこの3つの病院をおすすめします。
鼻茸ができると臭いが感じられなくなる理由とは?
鼻茸ができると臭いが感じられなくなる理由についてわかりやすく解説しました。
大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します
大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します。
名古屋で鼻茸の手術ができる病院を3つご紹介します
名古屋で鼻茸の手術ができる病院を3つご紹介します。
全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方とは?
全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方について解説します。
鼻茸と悪性腫瘍を見分ける3つの違いとは?
鼻茸と悪性腫瘍を見分ける3つの違いについてわかりやすく解説しました。
鼻茸がとれた場合の対処法!知らないと危険
鼻茸がとれた場合の対処法について解説します。知らないと危険ですので、ぜひご覧ください。
鼻茸を放置するとどうなるの?
鼻茸を放置するとどうなるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
鼻茸の原因は?
鼻茸の原因についてわかりやすく解説しました。
札幌で鼻茸の手術ができる病院は?
札幌で鼻茸の手術ができる病院についてわかりやすく解説しました。
鼻茸の症状は?
鼻茸の症状についてわかりやすく解説しました。
鼻茸手術費用は?
鼻茸手術費用についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 手術 お薬 鼻茸