蓄膿症 症状 子供

子供が蓄膿症だとどんな症状がでるの?

子供が蓄膿症になったらどんな症状がでるのでしょうか。
蓄膿症という言葉を今はあまり聞くことはありません。

 

蓄膿症

 

蓄膿症は今は慢性副鼻腔炎と言われることが多くなりました。
副鼻腔に炎症が起き鼻の通りが悪くなり分泌物が
排出されずに溜まってしまう病気を蓄膿症(慢性副鼻腔炎)といいます。

 

昔は青ばなを垂らしている子どもがよくいましたよね。

 

しかし現代は医療も進歩し衛生状態が良くなりました。
風邪などで鼻詰まりが起こっても早期に治療することで治ることがほとんどです。

 

蓄膿症

 

しかし・・・

 

  • 治療を途中で止めた
  • アレルギー性鼻炎を患っている

 

子供さんは副鼻腔に溜まった膿が排出されにくく症状が悪化しやすくなります。

 

子供は体の調子が悪くてもなかなか上手に症状を伝えることが出来ません。

 

子供にこんな症状があったら蓄膿症かもしれません
  • いつも口がポカンと開いている
  • 寝ている時も、口を開けて呼吸し、イビキをかく
  • 風邪でもないのに鼻をすすっている
  • においがわかりにくい
  • 声が、いつも鼻声になる
  • 鼻が詰まっているが、鼻をかんでもすっきりしない
  • 集中力がない
  • においがわかりにくい

 

このような症状がある場合は「鼻詰まり」が原因のことがあります。
鼻詰まりは見た目だけの症状だけでなくその他にも色々影響を及ぼします。

 

蓄膿症

 

蓄膿症で鼻がいつも詰まっていると眠るときも
熟睡が出来ずに日中の集中力がなくなることがあります。

 

子供は体や心の発育には睡眠もとても大切です。

 

子供が普段と違う感じがしたら何か体の不調があるかもしれません。
子供は,症状を上手に伝えることができないので
大人が普段から体の様子を気にかけてあげましょう。

 

蓄膿症の症状かな?と思ったら一度耳鼻科を受診して事をお勧めします。

 

こちらも参考に!⇒蓄膿症の治し方|子供編

 

子供が蓄膿症だとどんな症状がでるの?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

蓄膿症で目に症状がでることってあるの?
蓄膿症で目に症状がでることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
蓄膿症で咳の症状がでることってあるの?
蓄膿症で咳の症状がでることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 手術 お薬 鼻茸