鼻茸 臭い

鼻茸ができると臭いが感じられなくなる理由とは?

鼻茸は鼻の奥にできるデキモノのことです。
鼻ポリープとも呼ばれています。

 

鼻茸

 

なぜ鼻茸ができるか?というと副鼻腔炎の影響です。
副鼻腔炎は副鼻腔にできる炎症のことです。

 

副鼻腔は鼻の穴とつながっている空洞のことです。
副鼻腔の場所はこちらの画像でご確認ください。

 

副鼻腔

 

上記の画像で
  • 上顎洞
  • 篩骨洞
  • 蝶形骨洞
  • 前頭洞

 

と記載されている空洞は全部副鼻腔です。

 

副鼻腔が炎症を起こして腫れるなどして鼻茸ができます。
鼻茸ができた当初は小さいので本人も気づきません。

 

でも少しずつ大きくなってくると吸った息が通りにくくなり
息苦しさを感じるようになります。

 

加えて鼻茸ができると臭いが感じられなくなってきます。
なぜ鼻茸ができると臭いが感じられなくなるのでしょうか?

 

 

 

鼻茸でお困りの方、こちらの市販薬がおすすめです。

 

 

 

 

鼻茸で臭いがわからなくなる原因は?

 

先ほども申しましたが鼻茸は鼻の奥にできます。
鼻の奥の部分は臭いを感じるセンサーが発達しているのです。

 

鼻茸

 

もしその臭いを感じるセンサーの真上に鼻茸ができてしまったらどうなるでしょう?
臭いを感じられなくなります。

 

つまり、鼻茸ができると臭いが感じられなくなる原因は
臭いのセンサーの真上に鼻茸ができてしまうからです。

 

だからもし鼻茸の影響で臭いを感じられなくなってしまったのなら
手術を受けるしかありません。

 

鼻の中のデキモノをお薬で治すことは不可能です。

 

「でも、手術費用って高額じゃないの?」と心配な方もいるでしょう。
鼻茸の手術費用についてはこちらの記事で解説しています。

 

ぜひご覧ください。
副鼻腔炎の手術費用はどれくらいかかるの?

 

鼻茸ができると臭いが感じられなくなる理由とは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

 

スポンサードリンク

関連ページ

鼻茸とは?
鼻茸とは何でしょう?わかりやすく解説しました。
鼻茸の手術って痛いの?
鼻茸の手術って痛いのでしょうか?わかりやすく解説しました。
鼻茸の手術で入院が必要な2つの理由とは?
鼻茸の手術で入院が必要な2つの理由についてわかりやすく解説しました。
鼻茸の手術にどんなリスクがあるの?
鼻茸の手術にどんなリスクがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
福岡で鼻茸の手術を受けるならこの3つの病院がお勧め!
福岡で鼻茸の手術を受けるならこの3つの病院をおすすめします。
大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します
大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します。
名古屋で鼻茸の手術ができる病院を3つご紹介します
名古屋で鼻茸の手術ができる病院を3つご紹介します。
全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方とは?
全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方について解説します。
鼻茸と悪性腫瘍を見分ける3つの違いとは?
鼻茸と悪性腫瘍を見分ける3つの違いについてわかりやすく解説しました。
鼻茸がとれた場合の対処法!知らないと危険
鼻茸がとれた場合の対処法について解説します。知らないと危険ですので、ぜひご覧ください。
鼻茸手術の術後ケアについて
鼻茸手術の術後ケアについてわかりやすく解説します。
鼻茸を放置するとどうなるの?
鼻茸を放置するとどうなるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
鼻茸の原因は?
鼻茸の原因についてわかりやすく解説しました。
札幌で鼻茸の手術ができる病院は?
札幌で鼻茸の手術ができる病院についてわかりやすく解説しました。
鼻茸の症状は?
鼻茸の症状についてわかりやすく解説しました。
鼻茸手術費用は?
鼻茸手術費用についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 手術 お薬 鼻茸