鼻茸

鼻茸記事一覧

鼻茸とは?

鼻づまりや鼻水がつらくて耳鼻咽喉科に行くとお医者さんが「鼻茸ができていますね」と難しい専門用語で言ってくることがあります。この記事では鼻茸とは何か?解説します。鼻茸とは慢性副鼻腔炎の症状の一つとして起こるデキモノのことです。デキモノというと、ちょっと怖い印象を持つ方もいるかもしれませんね。デキモノと...

≫続きを読む

鼻茸の手術って痛いの?

鼻茸とは副鼻腔炎が原因でできる良性のデキモノの事です。良性なので全身に転移して命に関わることはありません。ただ、鼻茸があると空気の通りが悪くなるので鼻づまりの原因になり集中力が落ち、仕事や勉強の支障がでることもあります。そのため手術で鼻茸を切除することもあります。こちらの動画は実際に鼻茸の手術をして...

≫続きを読む

鼻茸の手術で入院が必要な2つの理由とは?

鼻茸とは鼻にできるポリープのことです。ポリープとはデキモノのことです。白っぽい水膨れのようなものが鼻茸です。実際の鼻茸をこちらの動画でご確認ください。(鼻茸の手術をしている動画です)動画を見てどう感じましたか?手術で結構出血していませんでしたか?これだけ出血していても痛みはそれほどありません。理由は...

≫続きを読む

鼻茸の手術にどんなリスクがあるの?

鼻茸は副鼻腔炎が原因で起こるポリープのことです。鼻の穴の奥の方にできることが多いです。白い水膨れのような柔らかいデキモノです。ほとんどは良性のデキモノなので全身に転移して命に関わるということはありません。ですが、大きい鼻茸が鼻の穴にできると空気が通りにくいです。鼻で呼吸しにくくなります。鼻茸はお薬で...

≫続きを読む

福岡で鼻茸の手術を受けるならこの3つの病院がお勧め!

鼻茸とは鼻の奥にできるデキモノの一種です。慢性副鼻腔炎の症状の一つです。風邪をひいたり花粉症が原因でアレルギー性鼻炎を患うなどして鼻にダメージが加わり続けた結果、鼻茸ができることがあります。鼻茸に関する詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。⇒鼻茸とは?「鼻茸を何とかしたい」と考えた時に完治を目指す...

≫続きを読む

鼻茸ができると臭いが感じられなくなる理由とは?

鼻茸は鼻の奥にできるデキモノのことです。鼻ポリープとも呼ばれています。なぜ鼻茸ができるか?というと副鼻腔炎の影響です。副鼻腔炎は副鼻腔にできる炎症のことです。副鼻腔は鼻の穴とつながっている空洞のことです。副鼻腔の場所はこちらの画像でご確認ください。上記の画像で上顎洞篩骨洞蝶形骨洞前頭洞と記載されてい...

≫続きを読む

大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します

この記事では大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します。鼻茸の手術の麻酔は全身麻酔局所麻酔の2種類あります。鼻茸の完治を目指すなら全身麻酔で完全に意識を失った状態で行う手術がおすすめです。ただ、入院期間が10日間程度必要です。そうなるとお仕事や学校で忙しい方にとって、ほぼ不可能な手術になり...

≫続きを読む

名古屋で鼻茸の手術ができる病院を3つご紹介します

名古屋で鼻茸の手術のできる病院を3つご紹介します。中部ろうさい病院住所:〒455-8530 愛知県名古屋市港区港明1丁目10番6号電話:052-652-5511名古屋南労働基準監督署が隣にあります。職場の労働問題についても病院ついでに相談にいけます。そんなことはさておき、中部ろうさい病院では平成26...

≫続きを読む

全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方とは?

副鼻腔炎を放置していると鼻の奥に鼻茸ができることがあります。鼻茸とは鼻の奥にできるデキモノのことです。専門用語としてはポリープといいます。鼻茸は最初のうちは小さく、体に感じる症状はありません。でも、少しずつ大きくなってくると、鼻づまりが起きて息がしにくくなってきます。また、臭いを感じられなくなること...

≫続きを読む

鼻茸と悪性腫瘍を見分ける3つの違いとは?

鼻茸は鼻の穴の奥の方にできるデキモノのことです。「デキモノってことは悪性のガンってことですか?」とビビッてしまった方もいるかもしれません。そこは安心してください。鼻茸は良性のデキモノです。つまり、全身に転移したりして命に関わるデキモノではないということです。ただ、鼻の穴の奥の方にできるデキモノには鼻...

≫続きを読む

鼻茸がとれた場合の対処法!知らないと危険

鼻茸とは鼻の奥にできる良性のデキモノの一種です。こちらの動画でご確認ください。デキモノには良性悪性と2種類あり、良性は全身に転移しないもの悪性は全身に転移して命を落とす可能性のあるものをいいます。鼻茸は良性のデキモノで副鼻腔炎や花粉症などが原因でできることが多いです。あまりにひどい鼻茸ができた場合に...

≫続きを読む

鼻茸手術の術後ケアについて

鼻茸手術の術後ケアについて解説します。鼻の中、副鼻腔に炎症が度々起きると、鼻内に鼻茸と呼ばれているポリープが出来てしまいます。大きくなると、鼻の穴が閉じられてしまい鼻呼吸が出来なくなります。鼻茸は薬での治療の可能性は低く、一般的には鼻茸切除手術となります。手術は内視鏡手術が多く1.5〜2時間かかりま...

≫続きを読む

鼻茸を放置するとどうなるの?

鼻茸とは鼻の中にできる良性のポリープのことです。ポリープは平たく言うとシコリのことです。デキモノですね。「鼻茸そのものの動画を観てみたいんだけど」という方のために、こちらの記事で鼻茸の手術をしている動画を解説しています。⇒鼻茸とは?上記記事先の動画は手術中の動画です。食事中の方や心臓の弱い方は見ない...

≫続きを読む

鼻茸の原因は?

「息するのが苦しい・・」と感じたら、鼻づまりを想像する人が多いでしょう。ただの鼻づまりなら時間がたてば治る可能性が高いです。ところがまれに鼻づまりがどんどんひどくなってしまうことがあります。そして鼻にポリープができることがあるんです。鼻の穴の奥にできるポリープを鼻茸といいます。鼻茸という名前を知らな...

≫続きを読む

札幌で鼻茸の手術ができる病院は?

札幌市で鼻茸の手術ができる病院を3か所ご紹介します。「鼻茸って何?」と鼻茸について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。⇒鼻茸とは?rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ccee9d0.786d0b5c.0ccee9d1.59120878"...

≫続きを読む

鼻茸の症状は?

鼻茸の症状について解説します。鼻茸は鼻の穴の中にできる良性のデキモノのことです。デキモノ(シコリ)には良性悪性の2種類があります。良性は全身に転移して命に関わるということがないデキモノのことです。悪性は全身に転移して命を落とすこともあるデキモノのことです。悪性のデキモノのことを悪性腫瘍とかガンといい...

≫続きを読む

鼻茸手術費用は?

鼻茸は、副鼻腔にできる鼻のポリープで良性の腫瘍です。鼻茸が大きくなると、鼻の空気の通り道が狭まり、鼻ずまりや、いびき、味覚障害を引き起こします。鼻茸は、大きさが小さい場合は、投薬や点鼻薬、ネブライザー療法で治療します。しかし、治療しても改善しない場合は、鼻茸を取り除く手術が適応になります。鼻茸の手術...

≫続きを読む

スポンサードリンク


トップ 目次 手術 お薬 鼻茸