鼻茸 悪性

鼻茸と悪性腫瘍を見分ける3つの違いとは?

鼻茸は鼻の穴の奥の方にできるデキモノのことです。

 

鼻茸

 

デキモノってことは悪性のガンってことですか?
とビビッてしまった方もいるかもしれません。

 

そこは安心してください。

 

鼻茸は良性のデキモノです。
つまり、全身に転移したりして命に関わるデキモノではないということです。

 

ただ、鼻の穴の奥の方にできるデキモノには鼻茸以外にも
やはり、悪性腫瘍、つまりガンができることがあります。

 

悪性腫瘍は全身に転移することがあります。

 

そういった意味では
あなたにできたデキモノが良性の鼻茸なのか、それとも悪性腫瘍なのか?
見分けられた方が安心感があるのでしょう。

 

そこでこの記事では鼻茸と悪性腫瘍の見分け方を3つご紹介します。
この記事をご覧になった後、できれば手鏡などで自分の鼻の穴を確認してみてください。

 

 

鼻茸と悪性腫瘍を見分ける3つの知識とは?

 

色の違い

 

鼻茸

 

鼻茸は白い色をしています。
でも悪性腫瘍は赤黒い色をしていることが多いです。

 

色だけでも鼻茸と悪性腫瘍を区別することが可能です。

 

鼻水の色の違い

 

鼻茸が原因で鼻水が出るときには透明から黄緑色です。
つまり、風邪やアレルギー性鼻炎による鼻水と同じです。

 

でも、悪性腫瘍が鼻の奥にできている場合には
鼻水に血液が混じっていることがあります。

 

つまり、悪性腫瘍ができていると鼻水が赤っぽい色をしていることがあります。

 

悪性腫瘍は大きくなり、周りの組織を攻撃していくので
出血することがあるためです。

 

形の違い

 

鼻茸の形は柔らかくプニプニしています。
でも、悪性腫瘍はゴツゴツいびつな形をしていることが多いです。

 

以上が、鼻茸と悪性腫瘍の見分け方です。

 

もし少しでも悪性腫瘍の疑いがあるなら
できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診するようにしてください。

 

悪性腫瘍は放置すると全身に転移して手遅れになることがありますから。

 

スポンサードリンク

関連ページ

鼻茸とは?
鼻茸とは何でしょう?わかりやすく解説しました。
鼻茸の手術って痛いの?
鼻茸の手術って痛いのでしょうか?わかりやすく解説しました。
鼻茸の手術で入院が必要な2つの理由とは?
鼻茸の手術で入院が必要な2つの理由についてわかりやすく解説しました。
鼻茸の手術にどんなリスクがあるの?
鼻茸の手術にどんなリスクがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
福岡で鼻茸の手術を受けるならこの3つの病院がお勧め!
福岡で鼻茸の手術を受けるならこの3つの病院をおすすめします。
鼻茸ができると臭いが感じられなくなる理由とは?
鼻茸ができると臭いが感じられなくなる理由についてわかりやすく解説しました。
大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します
大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します。
名古屋で鼻茸の手術ができる病院を3つご紹介します
名古屋で鼻茸の手術ができる病院を3つご紹介します。
全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方とは?
全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方について解説します。
鼻茸がとれた場合の対処法!知らないと危険
鼻茸がとれた場合の対処法について解説します。知らないと危険ですので、ぜひご覧ください。
鼻茸手術の術後ケアについて
鼻茸手術の術後ケアについてわかりやすく解説します。
鼻茸を放置するとどうなるの?
鼻茸を放置するとどうなるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
鼻茸の原因は?
鼻茸の原因についてわかりやすく解説しました。
札幌で鼻茸の手術ができる病院は?
札幌で鼻茸の手術ができる病院についてわかりやすく解説しました。
鼻茸の症状は?
鼻茸の症状についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 手術 お薬 鼻茸