鼻茸 症状

鼻茸の症状は?

鼻茸 症状

 

鼻茸の症状について解説します。
鼻茸は鼻の穴の中にできる良性のデキモノのことです。

 

デキモノ(シコリ)には
  • 良性
  • 悪性

 

の2種類があります。

 

良性は全身に転移して命に関わるということがないデキモノのことです。
悪性は全身に転移して命を落とすこともあるデキモノのことです。

 

悪性のデキモノのことを悪性腫瘍とかガンといいます。
良性のデキモノのことを良性腫瘍といいます。
でも良性腫瘍はガンといいません。

 

たとえば、女性の胸にできる悪性腫瘍を乳がんといいます。
でも仮に良性だったら乳がんといいません。

 

話は戻って鼻茸は良性腫瘍です。

 

だから全身に転移して命に関わるということはありません。
ただ、デキモノが大きくなってくると鼻の穴の中が塞がれてしまいます。

 

空気が鼻の中を通って行かなくなります。
その結果、臭いを感じることができなくなるんです。

 

これが臭いを感じれなくなくのは鼻茸の特徴的な症状です。

 

デキモノ

 

それから鼻茸が大きくなってくると
鼻の穴からシコリが外から見えるようになってきます。
キノコのような形です。

 

キノコのような形だから鼻茸という名前になったんです。

 

それから鼻茸が大きくなると鼻づまりの症状が出てきます。
また、膿みのような青緑色の鼻水が長期間流れ続けます。

 

もし風邪なら青緑色の鼻水が出ても風邪が治ったら治まります。

 

ですが鼻茸は手術をしないと治りません。
だから長期間青緑色の鼻水が流れ続けるのです。

 

最後にまとめますと鼻茸の症状は
  • 臭いを感じれなくなる
  • 鼻茸が鼻の穴から見えるようになる
  • 青緑色の鼻水が長期間で続ける
  • 鼻づまり

 

などがあります。

 

こちらも参考に!⇒鼻茸を放置するとどうなるの?

 

スポンサードリンク

関連ページ

鼻茸とは?
鼻茸とは何でしょう?わかりやすく解説しました。
鼻茸の手術って痛いの?
鼻茸の手術って痛いのでしょうか?わかりやすく解説しました。
鼻茸の手術で入院が必要な2つの理由とは?
鼻茸の手術で入院が必要な2つの理由についてわかりやすく解説しました。
鼻茸の手術にどんなリスクがあるの?
鼻茸の手術にどんなリスクがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
福岡で鼻茸の手術を受けるならこの3つの病院がお勧め!
福岡で鼻茸の手術を受けるならこの3つの病院をおすすめします。
鼻茸ができると臭いが感じられなくなる理由とは?
鼻茸ができると臭いが感じられなくなる理由についてわかりやすく解説しました。
大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します
大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します。
名古屋で鼻茸の手術ができる病院を3つご紹介します
名古屋で鼻茸の手術ができる病院を3つご紹介します。
全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方とは?
全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方について解説します。
鼻茸と悪性腫瘍を見分ける3つの違いとは?
鼻茸と悪性腫瘍を見分ける3つの違いについてわかりやすく解説しました。
鼻茸がとれた場合の対処法!知らないと危険
鼻茸がとれた場合の対処法について解説します。知らないと危険ですので、ぜひご覧ください。
鼻茸手術の術後ケアについて
鼻茸手術の術後ケアについてわかりやすく解説します。
鼻茸を放置するとどうなるの?
鼻茸を放置するとどうなるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
鼻茸の原因は?
鼻茸の原因についてわかりやすく解説しました。
札幌で鼻茸の手術ができる病院は?
札幌で鼻茸の手術ができる病院についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 手術 お薬 鼻茸