鼻茸手術費用

鼻茸手術費用は?

鼻茸手術費用

 

鼻茸は、副鼻腔にできる鼻のポリープで良性の腫瘍です。
鼻茸が大きくなると、鼻の空気の通り道が狭まり、
鼻ずまりや、いびき、味覚障害を引き起こします。

 

鼻茸は、大きさが小さい場合は、投薬や点鼻薬、ネブライザー療法で
治療します。

 

しかし、治療しても改善しない場合は、鼻茸を取り除く手術が適応になります。

 

鼻茸の手術費用は、健康保険が適応されるので片側で
約4,000〜15,000円程度が一般的です。

手術後の投薬や、点滴が必要な場合には別途費用がかかります。

 

鼻茸手術執刀医

 

また、手術後は、鼻のカーゼを取り除いたり、鼻の中の洗浄などの
処置のための通院費用が発生します。

 

両側の鼻茸を手術する場合は、片方つづ行うことになります。

 

手術時間は、30分〜1時間ほどですが、鼻茸の大きさや、
数によっては手術時間が長くなることもあります。

 

手術は、鼻から器具を入れ、鼻茸を削り取りっていきます。
手術は、局所麻酔で行われますが、鼻茸を取るときは、
「チカッ」という痛みを感じることがあります。

 

近年は、技術や手術設備が発達したことで
手術時の出血も少なく、手術時間も短くなっています。

 

鼻茸は、手術で除去しても、再発することがあるので
手術後も医師と相談しながら定期的に通院することが大切です。

 

こちらも参考に!⇒鼻茸を放置するとどうなるの?

 

スポンサードリンク

関連ページ

鼻茸とは?
鼻茸とは何でしょう?わかりやすく解説しました。
鼻茸の手術って痛いの?
鼻茸の手術って痛いのでしょうか?わかりやすく解説しました。
鼻茸の手術で入院が必要な2つの理由とは?
鼻茸の手術で入院が必要な2つの理由についてわかりやすく解説しました。
鼻茸の手術にどんなリスクがあるの?
鼻茸の手術にどんなリスクがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
福岡で鼻茸の手術を受けるならこの3つの病院がお勧め!
福岡で鼻茸の手術を受けるならこの3つの病院をおすすめします。
鼻茸ができると臭いが感じられなくなる理由とは?
鼻茸ができると臭いが感じられなくなる理由についてわかりやすく解説しました。
大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します
大阪で鼻茸の日帰り手術ができる病院を3つご紹介します。
名古屋で鼻茸の手術ができる病院を3つご紹介します
名古屋で鼻茸の手術ができる病院を3つご紹介します。
全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方とは?
全身麻酔で行う鼻茸の手術がおすすめな方について解説します。
鼻茸と悪性腫瘍を見分ける3つの違いとは?
鼻茸と悪性腫瘍を見分ける3つの違いについてわかりやすく解説しました。
鼻茸がとれた場合の対処法!知らないと危険
鼻茸がとれた場合の対処法について解説します。知らないと危険ですので、ぜひご覧ください。
鼻茸手術の術後ケアについて
鼻茸手術の術後ケアについてわかりやすく解説します。
鼻茸を放置するとどうなるの?
鼻茸を放置するとどうなるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
鼻茸の原因は?
鼻茸の原因についてわかりやすく解説しました。
札幌で鼻茸の手術ができる病院は?
札幌で鼻茸の手術ができる病院についてわかりやすく解説しました。
鼻茸の症状は?
鼻茸の症状についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 手術 お薬 鼻茸